ホワイトニング

ホワイトニングとは

歯科でおこなうホワイトニングは、専用のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、歯そのものを白くする治療です。
歯の内部まで薬剤の成分がしっかりと浸透するため、自然な白さが続きます。
また、歯を削ることは一切ありません。自分自身の歯を、そのまま白い歯にできることがホワイトニングの魅力です。

ホワイトニングの基礎知識

歯が着色するのはなぜ?

黄ばみなど、歯が着色するのはなぜでしょう?様々な原因の中で、一番深く関係しているのは、普段の飲食物です。
たとえば、ワインやコーヒー、チョコレートなどの色が濃い食べ物を摂取すると、その色素が歯の表面に沈着します。
これが「ステイン」と呼ばれる現象です。その他にも、タバコのヤニ、加齢、によっても歯の着色は引き起こされます。

ホワイトニングで歯が白くなるワケ

ホワイトニング剤は人体に無害です。
歯に塗布すると、有効成分が歯の表面に着色したステインを分解します。
また、その成分は歯の内部にまで浸透します。内部の色素も分解するため、本来の歯そのものを白くする効果があるのです。

ホワイトニングができないケース

以下に該当する場合はホワイトニング治療を行えません。

  • かぶせ物やインプラント
  • ホワイトニングにより白くなるのは、天然歯だけです。かぶせ物やインプラントなど、人工歯は白くなりません。

  • 歯周病や虫歯がある
  • ホワイトニングは、治療を複数回に分けておこないます。歯周病や虫歯があると、治療の間に症状が悪化することも考えられます。そうならないためにも、お口の状態を健康に整えてからホワイトニングをおこないましょう。

  • 妊娠中の方
  • ホワイトニング自体に妊娠中の方への影響は指摘されていません。しかし、現時点で安全性が確実にされていないため、当院ではホワイトニングをお断りさせていただく場合がございます。

  • 無カタラーゼ症の患者様
  • 生まれつき、カタラーゼという酵素を持たない方がいます。カタラーゼはホワイトニング剤の成分を分解する働きを持ちますが、無カタラーゼ症の場合、これができません。万が一、ホワイトニング剤を飲み込んでしまうと、体内で分解できず、お口の中が壊死する病気に感染する恐れがあります。

当院のホワイトニングの特徴

ホワイトニングのプロが治療をサポートします

当院にはホワイトニングのプロである、ホワイトニングコーディネーターの資格を有する歯科衛生士がいます。
ホワイトニングの専門知識と技術を兼ね備えておりますので、きっと結果に満足していただけることでしょう。

日本人のために開発されたホワイトニング機器を使用

当院では、日本人の歯に合わせて開発された、ビヨンドホワイトニングという機器を治療に使用しております。
光を歯に当てると、薬剤の成分の働きが促進されるのです。また、同時に上下の歯に光を当てることが可能になりました。
治療時間が短縮し、さらにホワイトニング効果が高まります。
機器から出る熱は最小限に抑えられており、歯肉が影響を受けることはありません。ですので、安心して治療を受けていただけます。

オフィスホワイトニングで白い歯を短時間で手に入れる

オフィスホワイトニングとは、歯科医院でおこなわれるホワイトニング治療です。専用機器を用いるため、短時間で白い歯を手に入れられます。しかし、効果の持続がやや短いことが特徴です。(約3か月から6か月)

ホームホワイトニングで家にいながら白い歯を実現

ホームホワイトニングとは、ご自宅にいながらできるホワイトニング治療です。ご自分で専用のマウスピースに薬剤を入れ、それを装着します。
効果が出るまで時間がかかりますが、その分、薬剤の成分が歯に浸透しやすくなり、長く効果が持続します。(約6か月~1年)
デメリットとしては、毎日治療を行わないと、効果を実感するまでに時間がかかります。