ホワイトニング

ホワイトニングとは

「歯を白くする」歯磨き剤は、いずれも歯の面面に付着したステインを削り落とすだけなので、歯自体は白くならないと失望した人が大勢いたようです。
しかし、このホワイトニングは今まで不可能とされていた歯自体の色調をコントロールする治療法で、プロフェッショナルの技術により本当に歯が白くなります。

ホワイトニングの基礎知識

歯の着色の原因

歯の着色はいくつかの原因が考えられますが、一番の原因は、日常の飲食にあります。赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレー、焼きそばなど色の濃い物が着色になります。
その他、喫煙、加齢や遺伝等による着色が考えられます。

歯が白くなるメカニズム

歯の表面のエナメル質に付着した着色物質を過酸化水素によって取り除きます。歯自体を削ったり、溶かしているのではなく、着色物質のみ分解し除去しています。
これは、過酸化水素が酸化する際に酸素が発生し、着色物質と結合・分解させるためです。そのため、歯を本来の白さにします。

ホワイトニングを行えない場合

以下に該当する場合はホワイトニング治療を行えません。

  • 妊娠中
  • 授乳中
  • 無カタラーゼ症口腔内外にトラブルがある人(医師にご相談ください。)

当院のホワイトニングの特徴

ホワイトニングコーディネーターがサポートします

ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会(Japan Academy of Esthetic Dentistry)が行っている認定制度で、ホワイトニングへの知識や技術を認められた歯科衛生士のみに与えられる認定名称です。
ホワイトニングコーディネーターの資格を持つ歯科衛生士が治療にあたります。

ビヨンドホワイトニングを採用

歯科クリニックで行うホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニング、ビヨンドホワイトニングを採用しています。
ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。(光の照射はオフィスホワイトニングのみ)

過酸化水素は「光」によって効果的に働きます。つまり、光をあてることによって短時間でホワイトニングすることができます。同じ薬剤を同じ時間使用したとしても光をあてないのとあてるのではその効果は3倍違ってくるといわれています。
ビヨンドホワイトニングは効果が高く、熱や紫外線をカットした安全な光を使用しています。

オフィスホワイトニング

  • 院内(オフィス)で行う
  • 強力な薬剤と光を使用する
  • 短時間で高い効果が得られる
  • 治療例:1回/20分~30分
  • 手法 :歯面に薬剤を塗り、光を当てることで漂白作用を加速させる
  • オフィスホワイトニングは1回の効果が高く、短時間で負担なくホワイトニングができます。
  • 忙しい方や、この日までに白くしたいという方におススメです。

ホームホワイトニング

  • 自宅(ホーム)で行う
  • マイルドな薬剤を使用する
  • 長期間かけてゆっくりと効果を出す
  • 治療例:1日/2時間 × 2週間
  • 手法 :マウスピースに薬剤を入れ、1日あたり2時間装着する
  • 効果がでるまでには期間がかかりますが、オフィスホワイトニングに比べ白さを維持します。
  • 好きな時間に行うことができます。