インプラント

インプラント治療について

インプラントとは、歯が抜けてなくなった部分を治療修復する最新の技術です。
歯が欠損すると従来までは入れ歯にするか、健康な隣接する歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。
しかし、これらの方法は、残っている天然の歯に負担をかけることにもなります。
特に着脱式の入れ歯は、安定感もわるく機能面や外観においても満足できないものがありました。
インプラント治療は、これらの問題を解決するため開発された最先端の歯科治療技術で、すでに30年以上の臨床実績があります。

インプラントの利点

  • 天然の歯とほとんど同じ感覚でものを噛むことができます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことが出来、人前で話すことも全く不安なく行えます。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。
  • 楽しい食事は体を健康に保つだけでなく心までも健康にします。

インプラント治療と従来の治療との比較

ケース 従来の治療法 インプラント治療法
歯が1本抜けた場合
ブリッジ
ブリッジの支台とするために、両隣りの歯を削らなければなりません。
歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人工の歯を被せるので両隣りの歯を削ることがありません。
奥歯が数本抜けた場合
部分入れ歯
入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。
入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。
歯が全部抜けた場合
総入れ歯
入れ歯が口の中で動いてしまい、「噛みづらい」や「話しづらい」などの不便さを感じることがあります。
インプラントにより、入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができます。

当院のインプラント治療の特徴

生体になじみの高い純チタン製のインプラントを使用

インプラント治療は人工の歯根(インプラント)を骨の中へ埋め込み、その上に歯を作ります。 当院では生体になじみの高い純チタン製のインプラントを採用している為、人体に異物として認識されずに、新しい骨がチタンの周囲に取りついていく為、安全性においても高い信頼を得ています。

※純チタン製のインプラントをはじめ、当医院では日本人の患者様のために日本の臨床医が生み出したシステム、「プラトンインプラントシステム」を採用しています。
プラトンインプラントシステムについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

1回法によるインプラント手術

インプラント手術の方法には、1回法と2回法があります。その名の通り、手術が1回で済む方法と手術が2回必要になる方法です。
インプラント治療が始まった当初、インプラント治療は2回法が主流でした。しかし近年、インプラントの安全性に関する研究も飛躍的に進み、適切な処置を行えば一回法でも感染のリスクは2回法と同等だということが明らかになったのです。
当院では手術における患者様の負担を軽減するために、1回のみの簡単な手術ですむよう1回法を採用しています。

インプラント1回法を採用する理由
  • 歯肉の切開は一度だけなので、患者様への負担が軽い。
  • 単純な構造なので、コストを抑えられる。
  • インプラント体に直接人工歯をセットするので、手術の時間を短縮できる。
  • 一体型のため、強度に優れている。
  • 人工歯との接合部分が外に出ているため、骨との結合の安定性を診断しやすい。

より安全性の高い治療を

iCAT(アイキャット)ナビゲーションシステム

iCATナビゲーションシステムとは、CT画像からコンピュータ上で適正なインプラント埋入位置をシミュレーションし、さらにその結果を反映したガイド・ドリルにより、安全で精度の高い手術を実現しました。
これにより、従来経験や勘に頼らざるを得なかったインプラント治療が、的確でより安全な治療になりました。

  • 検査・診断

    撮影したCTデータを専用のインプラントシミュレーションソフトに取り込み、患者様毎のあごの骨の硬さや形、神経の位置などを詳細に確認しながら、インプラントの最適な埋入位置を診断します。

  • 手術

    ソフト上で診断した位置にインプラントを精度高く埋入できるようサポートするガイド・ドリルを使用し、より安心・安全な手術を実現するとともに手術時間を短縮し、患者様の負担も軽減します。